ShugoArts

池田光弘
location/dislocation
2012年9月1日(土)− 10月19日(金)
ShugoArts

ikeda-1-9963-2012-web
池田光弘, untitled, 2012, oil on canvas, 162x259cm

会   期|2012年9月1日(土)-10月19日(金)
開廊時間|12:00-19:00    
休 廊 日|日・月曜日、祝日 
ShugoArts
江東区清澄1-3-2 5階 
tel: 03-5621-6434
e-mail: info@shugoarts.com

摩擦、統制、断絶、地震、依存、物質、転位、記号、不安、境界、忘却、可変性、放射能、メタファー、干渉、衝動、恣意性、ズレ、物語、相似構造、身体、濃度、ノイズ、社会、象徴、拮抗、相対化、宗教、積層、システム、恐怖、抽象、透明化、漂い、同期、能動性、想像

コントロール不可能な<外>と、人間自身で接触、認知、想像可能な<内>との同期可能な領域を様々な濃度において検証する段階から、<外>と<内>が同期しえない断層面を露にする段階まで、これら<外>と<内>が混在する世界のあり方を探りたい。
池田光弘

シュウゴアーツでは、池田光弘の個展「location/dislocation」を開催いたします。池田は鑑賞者が絵画とどう関わり、 その時絵画はどう対峙できるのかということを考え、その方法を常に模索しています。今回は、特に絵の具の可能性とその効果を追求することで、コントロールできる部分とできない部分、そしてその中間に広く漂う、外でも内でもなくしなやかにせめぎ合う部分を、絶妙な按配で配置し作品化します。さらに「線」を多義的に捉え、リズミカルに繰り返し用いることによって、私達の身体性を増幅させ、絵画とそれが存在する場への積極的な関わりを促します。
絵の具が引き起こす現象と、線のひずみによって生じる空間のズレは、鑑賞者の能動的想像行為を引き起こします。そのズレの裂け目にはさまざまな不確定要素が粒子として浮かぶ、混在状態の宇宙が顕わに広がるかのようです。まるで呼吸しているかのように拡張・収縮を繰り返すその空間のズレは、私たち各々が持つ対象への認識のズレそのものなのかもしれません。

location / dislocationlocation / dislocationlocation / dislocationlocation / dislocation

1978年北海道生まれ。2006年武蔵野美術大学大学院油絵コース修了。個展に2007年「宙を繋ぐ」、2009年「漂う濃度」シュウゴアーツ等。
主なグループ展に、2006年「4人展」シュウゴアーツ、2007年「VOCA展2007」上野の森美術館(奨励賞受賞)、「感性の源流」木田金次郎美術館、「Born in HOKKAIDO」北海道立近代美術館、2008年「ネオテニー・ジャパンー高橋コレクション」鹿児島霧島アートの森(その後巡回)、2010年「絵画の庭 ゼロ年代日本の地平から」国立国際美術館(大阪)、「Living with art – Contemporary Art from Japan and Taiwan」 Yi &C. Contemporary Art space、台北、2011年「Art in an Office ― 印象派・近代日本画から現代絵画まで」豊田市美術館

*池田光弘 >>
*池田光弘 略歴 pdf>>