ShugoArts

髙畠依子

LINE(N)

2024.6.15 Sat - 7.27 Sat
------------------------------------------------------------

 

髙畠の仕事は素材と構造という二つの側面から捉えることができる。
ここ数年、風・水・火・磁力といった自然の力を用いて、油絵具を様々に変容させる制作手法が注目されてきた。そして髙畠作品の場合、素材の変化が絵画構造そのものへ影響を与える。例えば「MARS」シリーズ (2020)は油絵具に砂鉄を混ぜ、キャンバス裏から強力な磁力を動かすことで、絵具が磁力の法則によって引っ張られ、隆起したり、弧を描いたりして絵画を形成した。また「CAVE」シリーズ (2022)ではキャンバスそのものに糸を結んで不均一な形状を作り、それを漆喰に何度も浸すことで鍾乳洞のように凹凸が成長し、洞窟の壁面のような不可思議な表面を出現させた。このように髙畠は素材の物質的な現象を通して、絵画を平面的な捉え方から拡張させ、物理的な空間を持つ存在へと展開してきた。

 


髙畠依子のアトリエ風景, 2024

 

今展では力学を用いた二つの展開をみせる。「CANVAS」シリーズは「CAVE」から継続し、支持体そのものへアプローチしている。髙畠は黄麻を用いて独自にキャンバスを平織りし、その織り目の線に沿って面を形づくっている。また麻に顔料や色土といった素材を混ぜ、円運動の力で球体にする作品など、素材と構造がより強固に結びついた一連の作品を発表する。「LINE(N)」シリーズは糸を撚ったり、巻き取ったりする際に生じる回転や重力の原理を用いて作られている。キャンバスを巻きつけた円柱を天井からひもで吊るし円運動させることで、たった一本の線によって新しい空間を生み出す手法を見出した。

このように絵画における独自の方法論を得るために、髙畠はoil on canvas(キャンバスに油絵具)に立ち返り、その可能性の探究に余念がない。そしてまた彼女が定期的に芸術をテーマに旅を計画し、ラスコーなどの洞窟絵画群、ナスカの地上絵など訪れた先で五感を通して感じる世界のダイナミズムは、そのままアーティストとしてのスケールの大きさを感じさせるものであり、活動へ影響を与えるものでもある。髙畠依子新作展にどうぞご期待ください。

2024年5月 シュウゴアーツ

 


髙畠依子《CANVAS》2024, 黄麻、膠、油絵具、パネル, 64×51.5cm

 

髙畠依子「LINE(N)」
会期:2024年6月15日(土)‒ 7月27日(土)
会場:シュウゴアーツ
開廊時間:火〜土曜 11:00 – 18:00 (日月祝休廊)

オープニングレセプション
日時:2024年6月15日(土)17:00 – 19:00
会場:シュウゴアーツ

 


 

Top image: 髙畠依子《LINE(N)》2024, 油絵具、顔料、色土、キャンバス、パネル, 162x162cm