ShugoArts

森村泰昌、小野祐次、米田知子

シュウゴアーツショー

2021.2.6 Sat - 2.27 Sat
------------------------------------------------------------

 

展覧会について

 シュウゴアーツは2021年2月6日(土)から2月27日(土)まで、森村泰昌、小野祐次、米田知子の3名の写真のアーティストによるグループ展「シュウゴアーツショー」を開催いたします。
 本展では森村泰昌が有名映画女優に扮する「女優シリーズ」のポラロイド作品から10数点を一挙にお見せするほか、絵画と写真の関係性を再提起する小野祐次の「タブロー」シリーズ、土地やものに遺された20世紀の歴史と記憶に迫る米田知子の「積雲」「After the Thaw」「Between Visible and Invisible」シリーズからのセレクションを中心に展示いたします。森村泰昌は今年10月よりアーティゾン美術館での展示が控え、また2021年3月からは京都市京セラ美術館 東山キューブでの個展を予定しております。小野祐次は今年4月よりシュウゴアーツにて「ルミネッソンス」シリーズを披露する待望の個展を予定、そして米田知子はいよいよ来月2月9日(火)よりスペイン・マドリッドのマフレ財団での個展がスタートと、いずれも本年大注目のアーティストです。ご無理のない範囲でお運びいただければ幸いです。

2021年1月 シュウゴアーツ

 

 


森村泰昌, ヴィヴィアン・リー風に, 1996, 拡散転写方式印画, 13.1×10.2cm

 


森村泰昌, 神戸のガルボ , 1995, 拡散転写方式印画, 13.1×10.2cm

 

 


野祐次, Infantin Maria Teresa, Diego Velázquez, 2005, Gelatin silver print, image: 66.6x52cm, ed.12

 

 

米田知子, マハトマ・ガンジーの眼鏡 – 『沈黙の日』の最後のノートを見る
2003, gelatin silver print, image: 38x38cm, ed.8

 

トップ画像:米田知子, 菊, 2011, chromogenic print, 83x65cm, ed.10

 

展示ビュー

 


 

展覧会概要
シュウゴアーツショー
出品作家:森村泰昌、小野祐次、米田知子
会期:2021年2月6日(土) – 2月27日(土)
会場:シュウゴアーツ 106-0032 東京都港区六本木6丁目5番24号 complex665 2F
火〜土曜 正午 – 午後6時(日月祝休廊)
*オープニングレセプションは開催いたしません。開催内容や開廊時間に変更が生じた場合は弊社ホームページおよびSNSにて随時お知らせいたします。

 


 

各アーティストの展覧会予定

森村泰昌
Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年
開催中〜2021年4月4日(日)
会場:ポーラ美術館(神奈川)

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話
会期:2021年10月2日(土)- 2022年1月10日(月)
会場:アーティゾン美術館(東京)

京都市京セラ美術館 開館1周年記念展「森村泰昌展(仮称)」
会期:2022年3月〜6月
会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ(京都)

小野祐次 個展
会期:2021年4月24 (土) – 5月29日(土)
会場:シュウゴアーツ

米田知子 個展
会期:2021年2月9 (火) – 5月9日(日)
会場:マフレ財団レコレートス展示場(スペイン・マドリード)