ShugoArts

藤本由紀夫

STARS

2017.12.2 Sat - 2018.2.3 Sat

藤本由紀夫, STARS, 1990, mixed media, 18 点組
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
会期: 2017年12月2日(土) ‒ 2018年2月3日(土)
*年末年始休暇:2017年12月28日(木) ‒ 2018年1月8日(月)
開廊時間: 火〜土曜 午前11時 - 午後7時, 日月祝休廊
オープニングパーティー:12月2日(土)午後5時から7時

プレスリリース PDF>>
藤本由紀夫 作品と情報 >>
ライブラリページ >>

------------------------------------------------------------

藤本由紀夫は 1950 年に名古屋市で生まれ、2001年と 2007年にヴェニスビエンナーレに出品、同年に国立国際美術館、⻄宮市大谷記念美術館、和歌山県立近代美術館にて同時個展を開催するなど、関⻄を中心に国際的な活動を続けています。

70年代を音楽スタジオで過ごした藤本は伝統的な美術表現の外からやってきたアーティストです。「音とモノ」を出発 点とし聴覚、視覚、嗅覚、触覚を喚起する独創的な作品の数々を制作してきました。

藤本は幼少期より自宅で父親が使わなくなったカメラ、映写機、オープンリールのレコーダーなど 50-60 年代に最先端であった機器をおもちゃ代わりにして過ごしました。遊びの延⻑でテープの音を切り繋いだり、ラジオのノイズを録音 していた経験は、後年当時としては珍しく全室スピーカーの設備が備えられた大阪芸術大学の電子音楽のコースへ進むきっかけでもありました。電子音楽もアナログからデジタルへの移行期を迎える頃「スピーカーから発する音が全て等質に 聞こえる」経験をした藤本はやがてスタジオを出ます。そして再び自宅で藤本が見つけたものはおもちゃのオルゴールでした。大きな音を作ることから小さな生の音を聞くことへの転換における新鮮な驚きと共に、音とは共鳴する空間そのものである、という気づきはその後の制作に大きく影響を与えます。また幼少の頃よりそうとは知らずに印象付けられていたマルセル・デュシャンの世界に足を踏み入れ、さらにジョン・ケージを見直し検証するに至ったのもこの時期のことです。

1990年には目に見えないが空間の中に存在している気配や振動を聞く装置、EARS WITH CHAIR を発表しました。二本の⻑いパイプの筒を通して耳の形を変形させたような状態で、通常気がつかないで過ごしている周囲の音が増幅されて聞こえてくるこの作品は、オルゴールやパイプのような大量生産されたレディメイドを用いる一方で、作品を通じて発見されうる外界への新たな認識手段を鑑賞者それぞれの感覚へ委ねるという藤本作品に共通する態度が窺えます。

05-fujimoto-ears-with-chair-mot
Yukio Fujimoto, EARS WITH CHAIR (MOT) , 2007, Steel, PVC pipe, Chair, H130xW450xD200cm

2011年に始まった THE MUSIC はシェーンベルクの十二音技法に基づき、反転、逆再生、iPhone アプリによる偶然性 などの要素によって 4つの面に 36 個のオルゴール音をとりつけたもので、鑑賞者が演奏することで成立します。

fujimoto-6-10349-the-music-four-panel-folding-screen
Yukio Fujimoto, The Music (Four-Panel Folding Screen), 2013, mixed media (wooden frames, acrylic panel, music boxes), 4 panels of 205x87x6.3cm

2016年にシュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリーで開催された展覧会では、レコード盤上に石炭が敷き詰められ、鑑賞者がその上を歩くことで音の演奏者になる Broom(Coal)のインスタレーションが好評を博しました。

 

藤本由紀夫 Yukio FUJIMOTO
Yukio Fujimoto, Broom(Coal), 2016, coal, rubber sheet, dimension variable, ed.5

今展では 54 個のオルゴールが 1 音ずつ音を奏でる代表作 STARS(1990 年作)を新しいシュウゴアーツの空間において配置します。タイトルの STARS は夜空に浮かぶ一つ一つの星をつなぎ合わせ星座の物語を作った人間の視覚認識に基づいており、1 音ずつランダムに発生する音を頭の中で和音に構成しなおし、パターンやメロディーとして聞かずにはいられない人間の聴覚の可能性を示唆します。世界を生成し、存在させているのは他ならぬ私達自身であるのかもしれません。さらに新作の展示を含め、東京で藤本由紀夫作品を体感する貴重な機会となっておりますのでどうぞご期待下さい。

シュウゴアーツ ディレクターズ 2017 年 10 月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

星(STARS)

夜空をカンバスとする星々は、それぞれ規則的な運動をしている。しかしそれらの規則的な運動をする星達が⼀堂に会した天空は、ランダムな点の集合体にしか⾒えない。この天空の時計装置を読み取るために古代の⼈々は、特徴ある星と星を結び、具体的な形を創造し記憶に留めた。つまり、星座は星空に存在するのではなく、それを⾒る⼈が、⽬に⾒えるものから「創造」したイメージなのである。
「星(STARS)」は、⾳を空間に点在させ、それを聞く⼈が、⾳と⾳を結びながら、それぞれの⾳のパターン(⾳楽)を作りだすことを⽬的に制作された。⼀つの星に相当するのがオルゴールの⼀⾳である。54 個のオルゴールは、それぞれ⼀⾳のみ発⾳する。⼀つ⼀つのオルゴールは、それぞれ規則的に⾳を出しているが、すべてが鳴り響く空間では、ランダムな⾳の集合となる。そのような⾳の空間にたたずむと、我々は星座を作りだすのと同様に、⾳と⾳をつなぎ合わせ、特徴のあるフレーズを知らず知らずに作っている。
記憶に留められた⾳は、時間軸上に配列され、メロディの断⽚として知覚される。と同時に、その⾳のパターンは、空間を結ぶ線によって出来上がるフォルムともなっている。ここでは、時間の体験と空間の体験が同時に⾏なわれているのである。聞く⼈の⽿によって。

YUKIO FUJIMOTO
objects, installations and performances
⻄宮市⼤⾕記念美術館, 1998