ShugoArts

メモリー / メモリアル 65年目の夏に
Mediations Biennale 2010

2010年7月19日(月・祝)- 11月7日(日)
「メモリー / メモリアル 65年目の夏に」 広島市現代美術館

2010年9月11日(土)– 10月30日(土)
「Mediations Biennale 2010」 ポズナン、ポーランド
出品作家: 小林正人


広島市現代美術館 >>
Mediations Biennale 2010 >>

メモリー/メモリアル 65年目の夏にメモリー/メモリアル 65年目の夏にメディテーションズビエンナーレ 2010メディテーションズビエンナーレ 2010

「ペア作品分離展示=LOVE」
ビエンナーレの総合テーマは、”Beyond Mediation”という、調停を超える、仲裁を超える、(媒介)を通じての間接の、、、をこえて、かなたで結ぶ、あるいは結ばれることなどないのかもしれない、、色々な思いが様々なひろがりを持って行くテーマだと思います。

私は昨年よりペア作品の制作を始めています。
いわゆる絵画作品としてですが、ペアを作る。ペアは一緒に在るのが幸せかもしれないが、分離することもある。別々に遠くはなれて、尚ペアはペアなのだと。ペアの存在のしかたは、時空を超える距離=愛の問題だと思っています。

ポーランドという国、列国の干渉を受け続け、国を分割というか切り刻まれてきた国と、Beyond Mediationというテーマから、『ペア作品分離展示』をポーランドーヒロシマで実現できたら!というビジョンが、被爆65年目の夏の広島市現代美術館の強い賛同により実現しました。
 
私は今回2組のペア作品を分離展示しました。1組はポズナンのZAMEK(ヒトラーの執務室が当時のまま残っている建物)のー室と個人宅に、そしてもう1組はZAMEKと広島市現代美術館に展示しました。それぞれの作品の横でペアの一方の映像を展示しています。
小林正人
2010年7月

小林正人 >>