ShugoArts

4人展
千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド

2006年6月3日(土)− 8月5日(土)

シュウゴアーツでは、若手作家4名によるグループショウ「4人展 千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド」を開催します。


千葉正也 Masaya CHIBA
お盆に登山する
2006, oil on jute, 120x160cm

千葉正也は1980年神奈川県生まれ。2005年多摩美術大学油絵科を卒業。既存の写真イメージを背景に、自作のオブジェを組み合わせた独自の世界観のあるペインティングを制作します。一見不可解な組み合わせも実は巧妙に構成されており、若いながらもそのクールな表現力には思わず唸らされるものがあります。
artist page >>


池田光弘 Mitsuhiro IKEDA
untitled
2006, mixed media on cotton, 112x162cm

池田光弘は1978年北海道生まれ。2006年武蔵野美術大学大学院油絵コースを修了。木々や光の粒子が散りばめられた画面は果てしないパースペクティブが構成されており、押し付けがましさを感じさせることなく見る者に想像力を与えます。ペインティングでしか成し得ない極めて重厚な画面はまるで宝石のようです。
artist page >>


徐美姫 Miki JO
SEX (no.06)
2005, gelatin silver print, 42.8×42.5cm, ed.23

徐美姫は1974年福井県生まれ。2004年7月より写真の制作を始め、以後精力的に撮影活動を続けています。6月には赤々舎より写真集『SEX』を刊行予定。ひとりの女性が巨大な自然と対峙しながら、手探りながらも全身でその感性を結晶化させた写真。波や水の軌跡をモチーフに表現されるモノクロのシリーズです


イルバ・オーグランド Ylva OGLAND
Ylva-85
2003-2006, oil on canvas on panel, crystals, feathers, silk ribbon, pearls, size various(detail)

イルバ・オーグランドは1974年スウェーデン、ウーメオ生まれ。現在ストックホルムのテンスタ・クンストハレの共同ディレクターでありつつ、作品制作をしています。作家をとりまく家族と世代の物語を確かな技術力で描ききった作品は、家族社会学的アプローチとでもいうべき独自の視線ゆえに、自分自身をモチーフにしながらも決して私小説風に陥ることはありません。
artist page >>

20代後半から30代前半のこれら若いアーティスト達は、高い水準のテクニックに支えられ裏打ちされた、表現の可能性を諦めない前向きなエネルギーに満ち溢れています。世紀の変わり目から現在に至るまでの美術と社会の関わりの変容が作品に四者四様に反映されていて、新しい潮流の出現を予感させます。シュウゴアーツが満を持してお届けするフレッシュな展覧会を、この機会にご高覧頂けますようお願い申し上げます。

千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド千葉正也 / 池田光弘 / 徐美姫 / イルバ・オーグランド