ShugoArts

池田光弘
宙を繋ぐ

2007年11月10日(土)− 12月8日(土)


池田光弘 Mitsuhiro IKEDA
untitled
2007, mixed media on canvas, 194×130.3cm

シュウゴアーツでは、昨年、6月の「4人展」で好評を博した、池田光弘による待望の個展「宙を繋ぐ」を開催します。

闇に点在する星を繋げて、星座が生まれ、神話が紡がれたように、様々な虚空に星を見つけ出すこと。そしてそこから何かが生まれる可能性を知ること。
私達が生きているあらゆる空間には、それに触れたら触れただけ、その触れたことから繋がりでる、知覚、感情、理性そしてイメージがあります。それらは、必ずしも過去の記憶から成るイメージの層に見つかるものではなく、新たに生まれたものもあります。そのことに気づき、それに向き合うためには、その触れることの原初的な場所まで立ち戻り、そこから新たに空間を立ち上げる必要があるのです。
池田光弘

ひとつの画面の中にいくつもの空間が折り重なり、絡み合いながら、その奥へ奥へと引き込まれる…池田の創り上げる絵画空間は、無限の宇宙空間の一部を、キャンバスを窓にして覗いたかのように感じます。作家は自身が体験した感覚を画面の中に置き換えるべく、複雑で説明不能な知覚構造を、重厚な地塗りとキラキラとした絵の具の重なりにより精巧に組み上げていきます。描かれた風景は近未来のようでもあり、どこかで見たことのある懐かしい記憶の風景にも感じられます。見るものは知覚の悦びに触れ、内的な物語や記憶を呼び起こされます。池田は絵画制作を通して創造のうまれる核心に踏み込み、<与え・与えられる>大いなる循環の中で、新陳代謝を繰り返しながら時代が変わっても古びない、新しいかたちの表現世界に向き合っているといえるでしょう。

宙を繋ぐ宙を繋ぐ宙を繋ぐ

作家は1978年北海道生まれ。2006年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。2005 年「新・公募展」広島市現代美術館に出品(優秀賞受賞)。2007年「VOCA展2007」上野の森美術館に出品(VOCA奨励賞受賞)。コレクションに、UBSアートコレクション、リーマン・ブラザーズ、第一生命など、若干29歳ながら既に国内外の評価を得ています。今もっとも旬である若手作家によるシュウゴアーツでの初めての個展を、この機会にご高覧下さい。

artist page >>

untitleduntitleduntitleduntitleduntitled