ShugoArts

田口和奈
そのものがそれそのものとして

2009年4月11日(土)− 5月23日(土)


田口和奈 Kazuna TAGUCHI
失ったものを修復する #3 Restoring the thing I’ve lost #3
2009, gelatin silver print, aclyric, 147.6x120cm, ed.3

被写体自体は存在しませんが、部分的には確かに存在しています。あるいはその存在していた断片も私の手を介しているので、どんなに丁寧に写しとっても歪められ、存在していないとも言えます。絵画を精巧に撮影することは容易ではありませんし、プリントも然りです。いくつものプロセスを踏んで存在感そのものが転義していると考えます。そうすることによって、「何らかの意味」に接近したいといつも思います。プロセスを多元化することで重層的なフィクションを作っていますが、そのことが一層、一つの見解に誘導しているのかもしれません。こっちへおいで、と。
田口和奈

田口和奈は身の回りの様々な媒体から人物の顔のパーツなどを採集するところから制作を始めます。そしてそれらをモンタージュし、キャンバスに描き、やがて完成した絵画を撮影、プリントするというプロセスを経て作品は制作されています。モンタージュされた人物が絵画、写真へと制作がすすむにつれ変化する存在感。そこに私たちは日常に含まれながらも決して体験することがない「もの」を見ることになるのです。
今回の展覧会が田口のシュウゴアーツでの初めての個展になります。

そのものがそれそのものとしてそのものがそれそのものとしてそのものがそれそのものとして

1979年東京都生まれ。2008年東京藝術大学大学院博士後期過程美術専攻油画研究領域修了、博士号取得。東京在住。主な展覧会:「Trace Elements」2008年東京オペラシティアートギャラリー、2009年シドニーPerformance Space巡回、2007年「VOCA展2007」上野の森美術館、「ポートレイトセッション」広島市現代美術館、「《写真》見えるもの見えないもの」東京藝術大学美術館陳列館、2006年「その中にある写真」TARO NASU GALLERY、「2006台北ビエンナーレ:ダーティヨガ」台北市美術館、「my cup of tea——Private Luxury」TARO NASU GALLERY、「不在の肖像」広島市現代美術館ミュージアムスタジオ、「Rapt! 20 contemporary artists from Japan」CCP現代写真センター(メルボルン)他、2005年「Stars」Gallery 覚。

artist page >>

失ったものを修復する #1失ったものを修復する #2失ったものを修復する #3ほとんど、唯一とよべるそのものがそれそのものとして