ShugoArts

池田光弘
漂う濃度

2009年6月27日(土)− 10月3日(土)

池田光弘 Mitsuhiro IKEDA
untitled
2009, oil on canvas, 227.7 x 145.4 cm,

‐霞がかる大気の凝結した細かな水滴を採集することも、そしてその大気の中にあり、濃く、薄く、流れてゆくその大きな動きに包まれることも。また、植物の種のようなものに潜む凝縮した濃度が明らかにすることも、そして豊かな土壌のように多種多様なものが重層的に凝縮した濃度が明らかにすることも。それらを共に望む自分に誠実であるように‐

霞・霧・雨・葉・針・群れ・反復・反転・異化・断絶・往復・堆積・崩壊・記憶・矛盾・濁り・骨・記号・呼吸・鼓動・循環・濃度・縫合

感じることの頂(いただき)を“点”として取り出すことも、また重層的に重なり合う、時の、場の、物事の、連続的な関係性の流動的な“力”そのものに内包させることも。

池田光弘

池田光弘は自らの作品を、“現実から受け取ったものに、より能動的に関わることで新たなイメージを生み出し、現実世界の認識を変容させる可能性を持った作品”と位置づけています。絵の具のマチエール、濃い、薄い、具象、抽象などから生じる可能性を追求することによって、イメージを生み出し、かつ絵の具の物質性を感じさせる、多義的な絵画を制作してきました。絵の具によってもたらされるあらゆる効果を追求することによって、ゼロと無限、無意味と意味などが同時に成立している“絵画”を目指しています。

漂う濃度漂う濃度漂う濃度漂う濃度漂う濃度

1978年北海道生まれ 2006年武蔵野美術大学大学院油絵コース修了 2005年 新・公募展 広島市現代美術館 (優秀賞受賞) from/to #3 WAKO WORKS OF ART, 2006 年 4人展 シュウゴアーツ, 2007年VOCA展2007 上野の森美術館(奨励賞受賞), 感性の源流 木田金次郎美術館, Born in HOKKAIDO北海道立近代美術館, 宙を繋ぐ シュウゴアーツ, 2008年 ネオテニー・ジャパンー高橋コレクション 巡回:鹿児島霧島アートの森, 札幌芸術の森美術館, (以下2009年)上野の森美術館, 新潟県立近代美術館(予定)

artist page >>

untitleduntitleduntitleduntitleduntitled